理解を超えて


   歳を重ねて 時を経て
   わかったことがいっぱいある。

   “わかった”と感じる度に、私はひとつ荷をおろし
   “わかった”と感じる度に、安堵を得て
   “わかった”と感じるその瞬間、目の前が開ける

   たくさんの“わかった”が心の空洞を埋めていき
   “わかった貯金”の残高がどんどん増えていった


   そしていつしか私は“わかった”を抱え込んでいることに気づく。


   “わかってる”だから何も思い悩む必要がない
   “わかってる”ただ行動が伴わないだけよ...と言い訳をする
   “わかってる”この言葉ひとつで自己完結できる

   賢くなること
   大人になること
   知恵をつけることは

   実はなんてつまらないんだろうと気づく。

   幸福になりたいという願いは
   「何が起こっても大丈夫」という保証を
   自分の心に求めてしまうものなのか

   経験値に基づいて対処すればもう傷つかないよと...


   “わかった”という感触とともに 脳に刻まれた印は
   きっといつか飽き飽きするはずの 流行のデザインと同じ

   人も、心も、価値観も
   ひとつところにとどまってはいないのだから...


   私は“わかった”で心の隙間を埋めることで
   安心したかったのだろう

   けれど、キッチンの水切り袋が目詰まりしてしまうように
   心にモノを入れっぱなしでは、風通しが悪くなる


   心は空っぽにしておかねばね。


   “わかった”という思いは 幸福と同じで、
   自分のそばに繋ぎとめておくことができないのかもしれない


   損得勘定をやめ、思考を空っぽにしたとき...

   そこに 愛は流れ

   私たちは思いがけず幸福というプレゼントを受け取る


   幸せを欲しがり 貪る心には 与えられないもの


   “わかった”と感じたものが“わかってる”になると
   驚きや感動が生まれる余地が奪い去られていく

   思考が感情を陵駕し、「今ここ」に浸るための五感を鈍らせる


   過去の経験で今を測れば
   この場 この瞬間の手触りを
   いちいち受けとらずに物事を処理できるけれど

   それは合理的なようでいて 私の変化を妨げる

   鋭敏なはずの皮膚感覚を麻痺させる


   その停滞は とても息苦しくて 重くて...。


   だから私は今日“わかってる”を宙に手放そうと思う
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-15 15:33 | susu canta  

Resonance


   問答無用で泣かされてしまった映画が何本かある

   それらの作品を頭の中で並べてみたら...
   見事なまでに共通のテーマが浮かび上がってきた

   自由であること
   見えない呪縛から解き放たれること
   自分の生き方を、自分の意志で選びとること...。

   人には、自ら幸せになる力がある
   時には、幸せになるために 勇気を必要とする
   この世の不幸をつくり出しているのは人の心、
   そして幸福を選ぶのも、人の心だ

   “希望”なんていう生温かいものではない
   命はきっと、削ってナンボなのだ
   省電力で己の魂を消費している私を
   芸術は 不意にばっさりと斬ってくれる

   私の意志を無視して 体は涙を流し続ける
   映画にこめられたメッセージは、
   眠っていた心の芯を呼び覚ましてしまう


   ああ...気づいてしまう!


   「楽に生きたい」そう思い続けてきたけれど
   それは本意ではなかったのだと

   私は私の命の火を、
   こんなにも燃やしたがっているのだと
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-14 23:25 | susu canta  

無題


   胸がちくっとして はじめて

   あなたの答えを 予想してたことに気づくのです。
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-06 22:39 | susu canta  

電話で


   誰かに私のことを話すとき

   「ウチの奥さんが」と 言ってたはずだけど

   数年前から

   「ウチのカミさんが」と 呼び方変えたね


   なんですかそれは。

   昇格ですか?
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-04 22:29 | susu canta  

とがったこころ と まぁるいことば


   こころがとがっていても
   まぁるいことばで それを表せたらいいね

   でも、とがったまんまが出ちゃうのも時にはいいな

   こころがまぁるくても
   とがったことばで綴れるなら、それも粋ってもんだ

   くるくると入れ替わるように
   とがったりまるくなったりする
   私のこころと私のことば


   ホントは、ことばになんてしなくていいのかも


   それでも私は いつもことばを探している


   箱にしまって鍵をかけるため?


   それとも 手放すため。
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-04 22:27 | susu canta  

もろもろ


思うところあり、ここではリンク先を公開していませんが...。

コメントはログイン状態でしてくださってもOKですし
リンク希望の方は、公開・非公開に関わらずご自由にどうぞ♪

ところでこのスキン、とっても気に入っているのですが
ちょっと投稿部分が見づらいです。
自分なりに、少しでも見やすいように工夫していますが、めんどくさ...^^;

まぁ 様子を見ながらやっていきます。


東京は うららかな天気が続きそうですね。
桜の花が長持ちして嬉しい 今年の春です。
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-04 17:15 | このブログについて  

はじめまして


はじめまして、susu(スス)です。

飽きっぽい私の、何度めかのブログのお引っ越しです。

スペイン語の susurrar(ささやく)という単語の
最初の二音をとって susu という名前にしました。

タイトル中の canta は「唄う」という動詞の三人称です。
「打ち明ける」「告白する」という意味もあります。


今日からここで
ささやくように、唄うように
気ままに書いていこうと思います。
[PR]

# by susu_canta | 2008-04-04 16:39 | このブログについて