<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

診断


先日は総合診断でした。

先生の診断は
「自閉症スペクトラムの、特定不能の広汎性発達障害」ということでした。

“高機能自閉症”や“アスペルガー症候群”とするには条件を満たさないながら、
検査の一部では 明らかに特徴的な結果が出ていること。
また幼児期の行動からも 自閉症的な傾向が見てとれること。
...などから、上記の診断に至ったとのことです。

つづきはこちら。
[PR]

by susu_canta | 2010-08-28 23:10 | 診断まで  

境界域の私


もう読んでる方もいないだろうなってぐらい放置してしまいました。

それでもまたこうして書きたくなるんだから、気まぐれなものです。

お陰様でここ数年、夫の仕事が忙しくて
それに伴って私もあれやこれやとサポートで余暇が少なくなり
また、他のことに興味関心を持つようになったりして
ゆっくり考え事をする時間が、めっきり減ってしまいました。

クリニックへの通院は、
最後の検査を終えて 次回の診断を待つところまで来ています。

感触として、自閉症スペクトラムのかなり軽度...
定型発達との境界線ぐらいに位置するのではと予想しています。
検査の結果を見てもそんな感じですし、私自身の実感も重なっています。

軽度だからこそ、行動や物事の捉え方をある程度修正して来られたと思います。
そして修正できてしまうことで、疲労をためやすくなったり、
心理的なストレスも負いやすいのだろうと感じています。

つづき...
[PR]

by susu_canta | 2010-08-01 02:45 | ACと発達障害