Mさん(2)


Mさんに、今の私の状況を話してみました。

アンバランスな心と体を抱えて生まれてきたこと
今はそのマイナスの面が目についてしまっていること...。
まぁ、愚痴をこぼした訳です。




 Mさん: ススさん、ススさんは 分かってるよね~?^^
      特殊な体質だからね、辛いことも多いよ。
      そしてそれはほとんどの人には分からない辛さだよ。
      でもね、ススさんはそんな風に生まれてきたから
      普通の人が感じられない、美しいものが たーくさん見えるんだよ?


   私: わかってるんですよ。TT
      わかってるんですけどぉー。
      でもやっぱり、ハンデですよね。
      他人に理解されるための、ハードルが高いですよ。
      っていうか常識で対応されたら、絶対理解されないです。
      私が自然であることは、常識はずれってことになってしまうんですもんTT


 Mさん: うんうん^^
      辛いよね。
      でもね、ススさんはそこから出なきゃダメだよ。
      ススさんが一生懸命自分を抑えて周りのことを考えたって、
      他人がススさんを救ってくれる訳じゃないんだからね。
      分かりづらい辛さだから尚さら、人はそのことに気づいてくれないんだから。     

      それにね、人の事を思ってススさんが譲ってあげることは
      本当はその人のためにはならないでしょ?
      ススさんが幸せになることが、人の幸せにもつながるでしょ?


   私: (Mさん~それは!私がブログに書いてきたことですよ~!TT)
      それは...それは、わかってるんです~!T0T
      でも、なんていうか、そういうことも含めて、
      相手には分かってもらえないですよね?
      私が、私らしさを全うする方へ踏み出したら、
      周りの人はそれを面白く思わないんですよ。 
      そこまで(相手の幸せまで)こっちが考えてたとしても、
      相手はそれが理解できないんだから、逆に恨まれちゃうんです。     
      なんか...それって、不公平ですよね!?
      なんで私ばっかりが、そんなリスクを負うのさ~!って思っちゃうんです。


 Mさん: あはは^^そうそう。ススさんは分かってるんだよね。

   私: そうなんです。分かってるんだけど、抵抗してるんです!TT
      もう試練とかイヤなんです私。
      自分が泥かぶって動くのがもうヤなんです。
      わかってるんだけど、今はダダこねてる時期なんです。


 Mさん: うんうん^^でもね...だからね、ダメなんだよ!ススさん^^        

   私: ええ~?何がダメなんですか?TT

 Mさん: ススさんみたいな人はね、
      ちゃんと自分の持ってるものを活かさないとダメなの!^^
      私、他の人にはこんなこと言わないよ。
      言ったよね、自分が幸せになることが、人の幸せにもつながるって。
      ススさんはよーくわかってる。
      だけどね、気づいてない人の方が多ーいの。
      気づいてなくて、自分を殺してる。
      自分を殺してるってことにも気づかないで生きてるの。
    
      ススさんはね、色んなことに気づいてる。
      自覚しながら生きているから、すごーく辛いんだよね。
      そういう人はそのまんまじゃダメなの。
      気づいてる人はね、わかってる人はね、踏み出さなきゃダメなんだよ^^    

      動いた結果が受け止められる人だから。
      ホントはちゃんとそういう覚悟がある人なんだから。
      だから、気づけたんだから...ね!^^

    
   私: Mさん...TT

 Mさん: もうちょっとね^^
      もうちょっと、ジタバタするかも知れないけど...。
      ススさんはキラッキラに輝いて生きなくっちゃダメな人なんだから。

      周りの人もね、表に出てくる反応は良くないかも知れないけど、
      本当は心の底では分かってるんだよ。
      ススさんは周りの人にも気づかせてあげられるんだよ。
      ススさんがお手本を見せてあげられるんだからね^^
      ススさんが解放されていくことで、
      周りのことも解放してあげられるんだから。
    

   私: Mさーん...TT(そっ、それもブログに書いてきたことですよ~!)
      そんなに私を追い詰めないでくださいよ。
      分かってるけど、まだまだジタバタしたいんです。


 Mさん: あはは^^分かるよ。
      でもね、決して歳の問題じゃ~ないんだけど...。
      分かってるなら、早いほうがいいからね。
      死ぬまで分からない人もいるけど
      分かってる人が、死ぬ間際に「ああ~ああしとけば良かった」って
      後悔したってどうしようもないでしょ。


   私: そ、そうですね...でもでもぉ~TT

 Mさん: 周りが気づいてくれるのを待ってたら
      あっという間におばあさんになっちゃうよ!^^
      まだしばらくは、会う度にハッパかけちゃうからね!




...なんだか私は子供みたいにデモデモダッテ状態になってますが、
Mさんとの会話はいつもこんな感じです。
Mさんは、私のことをお釈迦様のようにお見通しなので
彼女の前で大人ぶって虚勢を張ってもしょうがないんです^^;

Mさんは遠慮無しにストレートに、私の問題の中心を示してくれます。
いきなり深いとこに入ってきてくれるので、いつも助かります^^;
他の人だと、その突っ込みが的外れなことがしばしばですが
Mさんはホントにピントをはずさないのです。

ただ、私のことを分かってくれてるだけに、
どんどん核心に触れてくれて逃げ場がなくなっていきますが...^^;
(Mさん的にはそれが狙い)

私が書くことで辿り着いてきた気づきを、
Mさんは一つ一つ ズバズバと目の前で口にしていくのでビックリします。
私のブログ読んでたのか~!?って思うくらいです^^;

Mさんは決して怪しい宗教の人とかじゃないのですが
前の記事でも書いたようにちょっと不思議な能力があるんですよね。
たとえて言えばスピリチュアルカウンセラーのような。

もちろん、
私より人間的にずっと先を行ってるから...というのもあるんですけど
こうして久しぶりに会っても、私がその間にどれだけ成長したかとか、
何を乗り越えたかとか、全部感じとってるんだろうな~と思います。
完全に私はまな板の鯉です^^;


なんかそう思うと、家族でもないし、たまにしか会えないんだけど
直接の知り合いの中では、私が唯一甘えられる人かも知れないし
私を一番理解してくれてて、深いレベルで導いてくれる人だと思います。


今の私がモヤモヤと感じていることも
宙ぶらりんで、なかなか行く手が見えずにいることも

こうして話せる人がいると、輪郭が立ち現れてくるような気がします。

Mさんには、癒されたり励まされたり、ばっかりで
私がMさんにしてあげられることは全然ないです。
だから、友達とはちょっと違う。
なんだか、私のような人間が進化したら、Mさんみたいになる気がします。

Mさんの言葉は、進化した自分からのメッセージのように思えます。


ただMさんは、
自分に正直に生きているという点で
世間一般から見ればやっぱり“変わったヒト”です^^;

そんなMさんと ピピッと通じ合ってしまうワタシ。
変わり者である私の進むべき道は、
やはり“変わり者を極める”ってことなのかな...?
[PR]

by susu_canta | 2008-09-16 23:49 | ACと発達障害  

<< 間が空いてしまいました。 Mさん(1) >>