発達障害(2)


なんだかいきなり色んな記憶が甦ってきて、
今、すべてがつながって 納得できている一方で、
少し不安定になっています。

診断の必要性を感じない、とつい昨日書いたばかりですが
「気持ちの整理の為に、診断も視野に入れた方がいいのかな?」
という気もしてきています。




ただ私の場合、今ではASの特徴がほとんどないので、
ASの診断はおりないだろうと思うんですよね。
生活上も対人関係も 著しい支障はない訳ですし。

でも幼少時の自分は間違いなくASだったと感じています。
過去の自分が、ASゆえの行動をしていたのだと
近しい人に理解してもらうにはどうしたらいいんだろう?と、
戸惑っています。

幼い頃から自分が感じてきた疎外感とか
母や姉に「うとまれている」と感じてきたこととか
周囲が私に対してイライラしていた感じとか...

それらの事について、
ここ数ヶ月は、ひたすら自分の目線だけを追ってきました。

「自分が」傷を抱えているのだということを認識し
「自分で」傷を癒そうとしてきました。

しかし、発達障害のことを知るにつけ、
あの幼い頃の感覚が、私の内的なファンタジーではなく
自分と相手、双方の立場から見て、
リアルなものであったことに気づきました。

私はアスペルガーの回路でものごとを認識し、反応していましたし
それに対する周囲の反応も、もっともなものでした。

お互いの感情が、お互いともに正当で、避けられないものだったと知って、
ちょっと混乱しています。

と同時に、
このことが、私の家族...特に母親を救うことになるのではないか?
と、ちょっと期待してしまうのです。
(逆の可能性もありますが)

役に立つのかどうかは分かりませんが、
今思えば典型的なASの反応だったと思えることがたくさんあるので
自分なりにまとめてみようかな~と思っています。
[PR]

by susu_canta | 2008-04-26 22:41 | 診断まで  

<< 発達障害(3) 涙 >>