めちゃめちゃお久しぶりです。


またまた放置してしまいました...(汗
もう開き直って、基本放置の気まぐれ更新でいきたいと思います^^;
それにしたって、前回「暑い!」と言って爽やかスキンにしたまま次回が真冬とか、
たいがいにしろって話ですね...はは。

やりたいことが一杯あって、
ゆっくりまったり書くことが なかなか叶わずにいますけど
でも、やっぱりここは捨ててしまいたくないなって 今日思いました。

ここ数年“リアルで知人同士”のコミュニティだったり
実名で交流するツールが かなり増えましたよね。
私もそういうのを利用してはいるんですけど、
自分から思いや考えを発信することは、ほとんどありません。

色々理由はあるけど...そのうちの一つは、
“実生活での知り合いだと 本音のやりとりになりにくい”ということです。

Facebookが、中東民主化のうねりに大きく関わっていたことは
とっても興味深いことでしたし、時代の流れを実感する出来事でもありました。

それに ビジネスなどで人脈を広げたり情報交換をするにも
交流することを前提としたtwitterやFacebookは、思わぬ効果を生むことがあります。

でも、日本人で、英語が堪能でもなく、ビジネスに利用しているのでもない多くの人は
寂しさを紛らわすためや、ただ馴れ合う場として使っていることが多いように思うのです。
なんとなく、自分が一人じゃないと確認したくて“つながり”を求めるけれど
波風は立たないように、当たり障りのない事を書き込んでいたり。

それが悪いことではないし
お互いを“ただただ認め合うこと”が必要な人や、
それが必要な「時期」というのも、それぞれあると思います。

ただ私は、どうもそういう空気が苦手みたいです。
あまり承認欲求というものが無いみたいで...自己完結型というか。
中身のある話なら、実際に会って話せばいいと思ってしまうし
当たり障りのないコミュニケーションを
「ほどほどの関係」の人と、ネット上で延々続けていくのは
それこそ無意味だと感じてしまうのです。

自分がある意味“変人”であることも理解しているので、
何が人を傷つけてしまうか分からないし、それが知人だったら取り返しのつかないこともあるし...。
文字でのコミュニケーションは気を遣うけど、かと言って嘘で固めることもできないので
基本的に一方通行のブログは性に合ってるなぁと思います。
(その割に放置してますが^^;)

「匿名・書きっぱなし・読むのは自由・レスポンスも自由」というのは気がラクです。

ただ、本音のやりとり...といっても 一定の気遣いはします。
自分の思いを、なるべく誤解の無いように伝えたいけど
同時になるべく「誰かを傷つけること」は避けたいですから。

実生活でも、そうしたコミュニケーションができるのが理想ですよね。
そのための訓練の場にしている、ということもあるのかな?


それにしても...
ご無沙汰しているうちに、エキサイトブログに色んな機能が追加されてる!
けど一つも使えない...っていうか、興味が湧かない^^;
実はただ、時代の波に乗れないだけだったりして...。
[PR]

by susu_canta | 2012-01-16 16:33 | ぐだぐだ  

何を着るのか(1) >>