被災者は、私たちとは別次元のものを見ている


命があっただけでも...

そう語りながら、涙を浮かべる人々
そんな顔を テレビ画面で何度見ただろう

私は、彼らにかける言葉を持たない
彼らは、別の次元を生きている
私には見えないものを見ている

すっぱりと、諦めよう

私に出来ることは 物理的な支援だけ
彼らが求めているのも きっとそれだけ
命をつなぐのに 必要なものだけ
生活を成り立たせるのに 必要なものだけ


安っぽい励ましの言葉など、絶対にかけるまい


日常我が家で食べている 米も野菜も
外袋をよくよく見れば、被災地から届けられていた

たくさんの 東北からの恵みで生活していたのだと
今さらながら思い知る

郵便局で 義援金を振り込んだ
節電のため、この記事も予備電源で更新している
夫は ガソリンを買い控えている


必要な物が 必要な場所に 一刻も早く届けられますように





[PR]

by susu_canta | 2011-03-16 16:16 | susu canta  

<< 得意なこと(1)...記憶 苦手なこと(1)...料理 >>