純粋 と 天然


9月の終わりから10月にかけては本当に忙しく、
精神的にも、プレッシャーがかかることの連続で...かなり大変でした。

特に、歌い手として関わらせて頂いた3回のライブでは
完全に能力以上のことを求められてしまい、テンパリ具合がハンパなかったです。
とにかく出来る限りのことをやり、努めて真摯にとりくみました。
依頼してくださった方の期待に応えられた気はしませんが
おかげ様で色々と素敵な出会いがあり、ものすごく勉強にもなりました。

別々のイベントで、打ち上げの際に言われた一言が
それぞれ なんとなくひっかかり、心に残っています。

一つは、昔からのフラメンコ友達に言われた言葉
「ススは純粋だよ。うん、純粋だと思う。」

もう一つは、同じく打ち上げの席で初対面の人に言われた言葉
「もしかしてかなり天然でしょ?」




この二つ、久々に聞いたけど
そういえば今までの人生で何度となく言われてきたな~と思い出しました。


「純粋」って言われると、どうも私は複雑な心境になります。
今回、友人は褒め言葉として言ってくれたのは分かってるんですが
発達障害にからむ、様々な辛い思い出が この言葉と結びついてしまってるみたいです。

友人のように、好意的な立場の人から見て、
私のような人間が純粋に見えるのは
私が不器用で、生真面目で、人を信じやすくて、信念が固くて、
与えられた仕事を一生懸命やろうとするから...ってことは分かっているのです。

それらのことは、私が意識してそうあろうとしているのではなく、
“そのように生まれついてきたからそう”なんであって
良い方面に働けば、確かに好ましく思ってくれる人もいます。

他人にウケるように意図してそう振る舞っているのではなくて
自動的にそういう言動になってしまうのです。
友人から見れば 余計な意図が見えないので、
普通に世渡りしてきた同年代の人たちと比べ、心が汚染されていないように見えて
「純粋」という言葉になるのだろうと思います。

でも、自分はこの性質のために辛い思いをしたこともあるので、なかなか複雑なのです。

「純粋」と言われるたびに

=世間知らず
=バカ
=コドモ

と、脳内変換してしまってる自分がいるのです。

...だもので、今回に限らず
人から「純粋」と言われると私はいつも、
何もリアクションができずに、押し黙ってしまいます。

「純粋」って言われた時ってどうすればいいんでしょうね。

なんか「ありがとう」って言うのも違う気がして。

そんな感じで、後からイロイロ考えました。
押し黙るのはあまりにも暗い反応だし「次からはこう返そう」とか、いろいろ...。

こういう風にシミュレーションするのは、私の癖なんですけど
本当はあまり好きじゃないです。とっても疲れます。
シミュレーションして出てきた言葉は、私がビビッドに感じた気持ちとはタイムラグがあるし...。

ただ私は、予行演習無しだと人を傷つける恐れがあるので。
大人になるにつれて、だんだんそういうことも減ってきましたけどね。

考えてみれば、いつもそんな風に生きてきたなーと思います。


さてもう一つの言葉
「天然」

これも何度も言われたなぁ...(遠い目)^^;

一応、今回私を「天然」と評した方は、好意的な意味で言ってくれてたみたいですが。
(そのあとかなり話もはずんだし。うん、きっとそうだ。)

まぁ、どういう意味でもいいんですが。
この「天然」も私を複雑な心境にさせる言葉の一つです(タメイキ)。

たぶん今回言われた「天然」は、いわゆる「天然ボケ」ってことだと思います。
(そんなこた分かってる?)

でも私、これ言われた場面思い返しても
何が「天然」と映ったのか、まったく分かんないんですよ><
普通に挨拶して、普通に話してたつもりなんだけど...。

だいたいこれ言われる時って
「えっ、天然ってどういうことですか。私のどこが天然ですか?」って突っ込んで聞いても、たいてい
「イヤ、なんか天然だよねぇ」って返されるだけ。(周りの人達がウンウンと頷いているというおまけつき)
満場一致でそう感じてるんなら、なおさら説明してほしいんだけど...^^;

そういえば、その人は
「なんだかススさんってものすごい透明感があるね」とも言っていた。

この「透明感」も良く分からない。

透明人間かのように、存在感が無いってことだとしたら
「天然」と感じることも無いのでは?と思うのだけど...。

いやいや「透明感」って言ったって、文字通りの意味じゃないってのは
さすがに私にだって分かる。

でもじゃあ、どういう意味の「透明感」?

ホントは説明して欲しいけど、しつこく意味を求めるのもきっとおかしいし
曖昧な苦笑いで「えー?」ととぼけるしか無い。
打ち上げは楽しかったし、一応悪い意味じゃないような印象だし
良い意味に受け取っておいた方が、たいてい結果オーライなんだと
これまでの人生で学んだから...。

ただ...。

中学の頃 離人症だった私にとって
「透明」という言葉は、自分と他者を隔てるガラスの壁を連想させる。

あんな風に、
現実になじんでいない自分
周りから浮いている自分
自分でも何者か分からない自分
を、自分の外側から指摘されたようで 一瞬ドキッとしてしまう。

あの頃の私は、そのことに何の苦痛も感じていなかったけど
今、いろんなことが分かって、その目で過去を振り返ると
なんだか胸がキュンとするのだ。


切ない。

なんだかとても切ない。

いつも、生まれたての赤ん坊みたいだ。


赤ん坊に「純粋ね」とか「天然だね」と言って
こちらの認識を伝えてあげても、本人にはその価値も意味も分からない。

赤ん坊はただ、不安なこの世界でもがいてるだけだ。

自分って存在が通用するかどうか分からないこの世界に
ただ怯えているだけだ。


年齢的には大人になってさえ、
そんな不安の中で生きてきたんだと

気づく度に、私は 驚いてしまう。
[PR]

by susu_canta | 2009-11-25 02:00 | ACと発達障害  

<< 子供時代 アスペルガー症候群 >>